2/11(土・祝):東京大学大学院教育学研究科附属 学校教育高度化・効果検証センター主催シンポジウムのご案内

2/11(土・祝):東京大学大学院教育学研究科附属 学校教育高度化・効果検証センター主催シンポジウムのご案内

東京大学大学院教育学研究科附属 学校教育高度化・効果検証センターでは,以下の日時にてシンポジウムを開催します。

テーマ:高等教育へとつなぐ主体的・探究的な学びの拡がりとは―東大附属中等教育学校における多様な実践と学びの深さ―」
日時:2023年2月11日(土・祝)10:00~13:00(9:45入室開始)
会場:オンライン開催(Zoom)
申込方法:お申込みフォーム に必要事項(お名前・ご所属・ご連絡先)を明記し,ご送信ください。定員に達ししだい締め切らせていただきます(定員500名)。
申込締切日:2023年2月8日(水)
※1 参加はどなたでも可能で,参加費は無料です。
※2 参加お申込みいただいた方にはZoomの入室IDとURLをお送りします。

シンポジウムのチラシ(PDF)

概要:昨今の教育改革では,課題の発見と解決に向けた主体的で探究的な能動的学習(ディープ・アクティブラーニング:DeAL)が注目を集めています。このDeALの指導実践の効果を実証的に検討すべく,東京大学大学院教育学研究科附属 学校教育高度化・効果検証センター(CASEER)では,2016年度より東京大学教育学部附属中等教育学校の在校生,卒業生調査を行い,DeALの教育効果の実証的検討を進めております。さらに,2021年度からは新たに卒業生を対象にした継続調査を開始し,DeALの長期的な波及効果について更なる検証を行っております。本シンポジウムではこのような附属中等教育学校とCASEERの挑戦をご紹介し,具体的な教育実践と効果検証について,附属中等教育学校の教員,卒業生,若手研究者,CASEERの教員たちにご登壇いただき,今後の展望と可能性について議論したいと考えております。

シンポジウム案内はこちら
これまでのシンポジウム情報・報告書はこちら
附属学校データベースプロジェクトはこちら

プログラム
【総合司会】
北村 友人(CASEERセンター長・教育学研究科教授)
【挨拶】
小玉 重夫(教育学部・教育学研究科長)
山本 義春(教育学部附属中等教育学校校長・教育学研究科教授)
【第I部 主体的・探究的な学びの教育実践(10:15~11:35)】
東大附属での主体的・探究的な学びの実践
對比地 覚(教育学部附属中等教育学校教諭)
山本 奈緒子(教育学部附属中等教育学校教諭)
卒業生による東大附属での学びと大学での語り
安田 玲(東大附属68回生・2018年度卒業生)
益田 耕佑(東大附属69回生・2019年度卒業生)
指定討論
細矢 和博(教育学部附属中等教育学校副校長)
【第II部 データから見る東大附属の教育効果(11:35~12:55)】
東大附属パネル調査の概要
上野 雄己(CASEER特任助教)
若手研究者による効果検証の試み
柴山 笑凜(CASEER特任研究員)
山口 哲司(教育学研究科修士課程)
西 健太郎(教育学研究科博士課程)
指定討論
山本 義春(教育学部附属中等教育学校校長・教育学研究科教授)

・主催
東京大学大学院教育学研究科附属学校教育高度化・効果検証センター
・共催
東京大学教育学部附属中等教育学校
・後援
東京大学高大接続研究開発センター

問い合わせ先
東京大学大学院教育学研究科附属学校教育高度化・効果検証センター効果検証部門
E-mail:caseer-kouka<at>.p.u-tokyo.ac.jp
<at>を@に変えてください。