2/1(土):東京学芸大学 国際教育センター 第9回 多文化共生フォーラムの開催について

2/1(土):東京学芸大学 国際教育センター 第9回 多文化共生フォーラムの開催について

「周縁から日本の学校文化を捉える―文化心理学者がみた日本の学校」

日本の学校をめぐっては,近年,これまで伝統的に行ってきた取り組みやその背後にある価値観などを見直す試みや提言が盛んになってきています。多文化化など学校をめぐる状況が大きく変化しつつある今日,日本の学校がもつプラスの側面をより充実させていくためにも,このような見直しは不可欠なものでしょう。本フォーラムでは,文化心理学の視点から,日本の学校文化のもつ特質について考えます。今回は特に,部活,アート,スクールカウンセリングなど,授業以外の側面に着目し,そこから浮かび上がる日本の学校の姿や課題・可能性について検討します。このように日本の学校を文化的に相対化してとらえ直すことは,文化心理学的にも興味深い試みであると同時に,在外教育施設に派遣される教員や,日本で帰国児童生徒教育,外国人児童生徒教育に携わる教員の方々にとっても有益な視点を提供できるものと考えます。学校における多文化共生にご関心をお持ちの多くの方の参加をお待ちしています。

日時: 2020年2月1日(土)13:00~17:00
会場: 東京学芸大学 S講義棟1階 S103(東京都小金井市貫井北町4-1-1)
主催: 東京学芸大学 国際教育センター
申し込み・問い合わせ先:東京学芸大学国際教育センター
Tel: 042-329-7717, 7727,Fax: 042-329-7722
Mail: c-event(at)u-gakugei.ac.jp   (at)を@に変えてください。
件名「第9回多文化共生フォーラム申込」とし,本文に氏名・所属をご記入ください。
定員80名
申し込み締切:2020年1月29日(水)

*本フォーラムの最新情報については東京学芸大学国際教育センターホームページをご確認ください。

プログラム
12:30~ 受付開始
13:00~13:10 開会の辞 馬場哲生(東京学芸大学国際教育センター長)
13:10~13:25 趣旨説明 榊原知美(東京学芸大学国際教育センター・准教授)

話題提供
13:25~14:05 「部活(BUKATSU)に凝縮されている日本文化」
尾見康博(山梨大学大学院総合研究部教育学域・教授)
14:05~14:45 「言語的文化的多様性を持つ子どもたちの発達支援にむけて:そのディスコースの検討とアートに基づいたリテラシー学習活動の紹介」
石黒広昭(立教大学文学部・教授)
14:45~15:25 「誰がなにに「適応」するのか?:学校心理臨床の視点から」
松嶋秀明(滋賀県立大学人間文化学部・教授)
― 休憩 ―

パネルディスカッション
15:35~16:55
コメント① 「グローバル教師の育成の視点から」
見世千賀子(東京学芸大学国際教育センター・准教授)
コメント② 「多文化環境にいる心理学者の視点から」
呉 宣児(共愛学園前橋国際大学・教授)
16:55~17:00 閉会の辞