6/3(日)ABLE 2018 June 「フィンランドの教育に学ぶ学力を支える社会とは」の開催について

6/3(日)ABLE 2018 June 「フィンランドの教育に学ぶ学力を支える社会とは」の開催について

【ご案内】ABLE 2018 June「フィンランドの教育に学ぶ 学力を支える社会とは」

ABLE -Agents for Bridging Learning research and Educational
practiceは,認知科学を中心にさまざまな領域の研究者, 教育実践を日々行っている人々,
社会変革の担い手となるべく強い思いを抱いている人々とを橋渡しし, 学びについての理論, 知識, 経験をシェアし,
新たな学びと教育のありかたを創造してゆきます。

すでにお知らせしておりましたように,
6月3日(日)に次回ABLEを開催いたします。

今回は,世界的に高く評価されているフィンランドの教育について紹介し,皆さんと今後の日本の教育について考えることを企画しています。

メインのゲストには,フィンランドのトルク大学のErno Lehtinen先生をお招きしました。
フィンランドの子どもたちの学力の高さはよく知られています。子どもたちの学力を支えているものは何かをお話いただき,
みなさんと共有していきたいと考えています。合わせて,国際比較教育学がご専門で「競争をやめたら学力世界一」など,
フィンランドの教育について多くのベストセラー著書を書かれている都留文科大学学長の福田誠治先生にコメンテータをお願いしています。

Erno Lehtinen先生からは,以下のメッセージをいただいています。
「児童・生徒の学力の国際比較調査では,アジアの一部の国や地域と並んでフィンランドの子供たちの学力は
世界的にトップクラスの水準にあることが示されています。ただ,アジア諸国・地域と異なり,フィンランドでは
授業時間に余裕があり,子供や先生が学校で過ごす時間が比較的少なく,よい成績をとることへのプレッシャーが低いのが特徴です。
それにも関わらず,地域や学校間の差がなく,家庭環境,特に保護者の経済状況による格差も非常に少なくて,
子供たちは一様に高い学力を示していることがフィンランドの教育の成果です。
フィンランドの教育は,フィンランド国家が,高い創造性を発揮しながら,民主的で高福祉の社会であることを目指す過程の中で
時間をかけて作り上げてきたものです。今回のABLEの講演では,その過程についてご紹介します。
もちろん,現在のグローバルで急速に変化を続ける世界に対応していくための課題もたくさんあります。
本講演では私たちがどのようにこの課題に立ち向かっていくか,そのためにどのように学力を定義し,
測定していくのかということについてもお話します。」

ABLE 2018 Juneには事前の参加登録が必要です。
ABLE 2018 June
http://cogpsy.sfc.keio.ac.jp/able2018june/#contact
より参加ご登録いただけます。

皆様のご参加をお待ちしております。

日時:2018年6月3日(日)13:00〜18:00
場所:内田洋行東京本社 ユビキタス協創広場CANVAS 2階
登壇者:
○エルノ・レーティネン(Turku大学教授)
○福田誠治(都留文科大学学長)
○大久保 昇(株式会社内田洋行社長)
○今井むつみ(慶應義塾大学教授・ABLE主催者)
参加費:一般¥5,000円
(資料代,コーヒーブレイク,情報交換会でのフード,ドリンクを含みます)
高校生・大学生¥2,500円 (中学生は無料)
(参加費は当日受付にてお支払い下さい。)

詳細な情報はホームページ
http://cogpsy.sfc.keio.ac.jp/able/
にてご覧いただけます。

注)今回のABLEの講演およびパネルディスカッションは
録画,編集の上,ネット配信します。オンラインコースのコンテンツとして配信予定です。

問合せ先:ABLE事務局
able.jimukyoku@gmail.com