9/22(土)ABLE 2018 September「脳科学を教育に活かす」の開催について

9/22(土)ABLE 2018 September「脳科学を教育に活かす」の開催について

【ご案内】ABLE 2018 September「脳科学を教育に活かす」

ABLE -Agents for Bridging Learning research and Educational
practiceは,認知科学を中心にさまざまな領域の研究者, 教育実践を日々行っている人々,
社会変革の担い手となるべく強い思いを抱いている人々とを橋渡しし, 学びについての理論, 知識, 経験をシェアし,
新たな学びと教育のありかたを創造してゆきます。

次回のABLE2018Septemberは,9月22日(土)13:00~開催いたします(13:00~17:30
ゲストスピーカーによる講演や対談など,18:00~情報交換会を予定)。
いつもと同じ内田洋行東京本社 ユビキタス協創広場CANVAS 2階で皆様をお待ちしています。
ぜひご参加ください。
サイトもオープンいたしました。サイトのURLは以下になります。
http://cogpsy.sfc.keio.ac.jp/able/
参加のご登録はこちらからお願いいたします。

今回は,「脳科学から教育を学ぶ」をテーマとして行います。脳科学は学び方,教育に対して様々な有用な視点をもたらしてくれます。しかし,脳科学から,学習や教育について有意義な示唆を得るためには,学習科学のリテラシーと批判的思考が欠かせません。今回のABLEでは,教育現場や保護者たちが脳科学の神話に惑わされることなくその知見を学び・教育に活かしていくためのポイントを提供し,脳科学と健全につき合っていくためのリテラシーと批判的思考をシェアします。

講師は2016年にもABLEにご登壇くださったスイス連邦工科大学のエルスベス・スターン博士とラルフ・シューマッハー博士ご夫妻に再びご登壇いただきます。お二人は,批判的思考力を育むことを目標とした科学・数学教育のカリキュラムを提案し,その実践と検証を行うスイス式「MINT」(Mathematics(数学), Informatics (情報学),Natural Sciences (自然科学),Technology(工学))プロジェクトをスイス全土で展開しています。その一環として,脳科学と教育の神話にも批判的思考を駆使して切り込み,「教育神経科学」という分野を立ち上げて世界の注目を浴びています。

今回は,日本の認知科学の第一人者であり,日本の教育を「主体的な学び」にギアチェンジをさせて,2020年度より始まる入試改革を牽引されている,第17代慶応義塾長,前日本学術振興会理事長の安西祐一郎先生(現:独立行政法人日本学術振興会顧問・文部科学省参与(高大接続改革担当))にもご登壇いただくという豪華プログラムです。スターン・シューマッハー先生たちのお話を受け,安西先生とABLE主宰者今井が脳科学の知見を日本の教育にどのように活かしていけるのか,その可能性を対談します。皆さま奮ってご参加ください。

ABLE 2018 Septemberには事前の参加登録が必要です。
ABLE 2018 September
http://cogpsy.sfc.keio.ac.jp/able2018september/#contact
より参加ご登録いただけます。

皆様のご参加をお待ちしております。

日時:2018年9月22日(土)13:00〜17:45
場所:内田洋行東京本社 ユビキタス協創広場CANVAS 2階
登壇者:
○エルスベス=スターン(スイス連邦工科大学教授)
○ラルフ=シューマッハ(スイス連邦工科大学 MINT-学習センター長)
○安西祐一郎(日本学術振興会顧問)
○今井むつみ(慶應義塾大学教授・ABLE主催者)
参加費:一般¥5,000円
(資料代,コーヒーブレイク,
情報交換会でのフード,ドリンクを含みます)
高校生・大学生¥2,500円
(中学生は無料)
(参加費は当日受付にてお支払い下さい。)

詳細な情報はホームページ
http://cogpsy.sfc.keio.ac.jp/able/
にてご覧いただけます。

注)今回のABLEの講演およびパネルディスカッションは
録画,編集の上,ネット配信します。オンラインコースのコンテンツとして配信予定です。

問合せ先:ABLE事務局
able.jimukyoku@gmail.com