2019年度公開シンポジウムについて

日本教育心理学会では,教育心理学に関する研究の振興と研究成果の社会への還元を目的に,公開シンポジウムを開催しています。
2019年度の公開シンポジウムは以下の日程で開催します。

 

テーマ

いじめの本質を理解し予防するために

日 時

2019年12月8日(日) 12:30~17:30(12:00 受付開始)

場 所 東京大学本郷キャンパス 国際学術総合研究棟 1階 文学部3番大教室 アクセスマップ

会場のご案内

参加無料 どなたでも参加できます。お申し込みはこちらから
https://forms.gle/AJ7PCZ3nZmChdomD6
企  画 日本教育心理学会 研究委員会
司会・話題提供 文化社会心理学から見るいじめの本質
杉森 伸吉(東京学芸大学)
話題提供 ネットや対面でのいじめの本質
安川 雅史(全国ICTカウンセラー協会)
法教育として人権の観点から弁護士が考えるいじめ予防授業
橋詰 穣(東京三弁護士会)
道徳科におけるいじめ抑止への取り組みについて
永田 繁雄(東京学芸大学)
いじめを予防する学級づくり
鹿嶋 真弓(立正大学)

 

◆企画趣旨

いじめ問題が国内で最初にクローズアップされたのは1980年代半ばである。それから,ほぼ10年周期でいじめ自殺数の急増ピークを迎えてきた。そのピークに呼応した文部科学省の指導により,定義の変更やいじめ防止対策推進法など,さまざまな取り組みがなされてきた。最新の学習指導要領の改訂においては,いじめの防止も視野に入れて多面的多角的に考え議論する道徳教育を行うことが前提となり,特別の教科道徳(以下,道徳科)ができた。道徳科の中では,どのようないじめ予防の取り組みをすればよいのだろうか。

いじめ問題が社会問題化するきっかけとなった,1986年2月の中野富士見中事件以来,実に多くのいじめ自殺が繰り返されてきた。現在のいじめの定義が非常に広いため,いじめの報告数が増加する中で,はたしてわれわれのいじめ理解は本質をとらえていたといえるのだろうか。また,どのような予防策や対応策が本質をとらえたものと言えるのだろうか。そして,いじめの内容もネットいじめ,LINEいじめを含めてどのように変化してきたのだろうか。

こうした疑問点に関しても,考える材料を提供したい。

児童生徒間の葛藤やいじめの問題は,いつでもどこでも生じうる。対人葛藤を通じて,社会性の発達が促されることも少なくない。したがって,不登校や自殺に至るような重大事態になることは,極力回避すべきであろうが,そうでないいじめまですべてなくすことは,不可能かつ不必要とする考え方もあろう。他方で,いじめに対する理解の仕方によっては,いじめをモンスターのようにとらえて,「いかなるいじめも決して許さない」と考えることも,可能である。いじめに向き合う姿勢として,どのような姿勢が合理的なのか,などの基本的スタンスについても考える手掛かりとなれば幸いである。

前半の2発表でいじめ全般に関する話題提供を行い,後半の3発表で学校現場におけるいじめ対策に関する話題提供を行う。まず,趣旨説明といじめに関するさまざまな考え方を文化社会心理学の観点から解説(杉森発表)し,次にネットいじめや対面のいじめに関するネット相談を先駆的に手掛けてきた経験から具体的事例も踏まえた解説(安川発表)を行う。後半は教育現場において人権擁護の観点からいじめ予防の出前授業を行ってきた弁護士団体の取り組みに関して紹介(橋詰発表)し,道徳科でのいじめ予防の可能性について解説(永田発表)し,最後にいじめを生まないクラスづくりについての説明(鹿嶋発表)を行う。

 

2019年度 公開シンポジウム チラシ(PDF:1.1MB)
チラシを表示

 

 

これまでの公開シンポジウム

タイトルをクリックしていただくと『教育心理学年報』に掲載されているまとめがご覧いただけます。

2018年12月2日(東京) 本物の自尊心を育むために
2017年12月3日(東京) 加齢に伴い向上・維持する能力を発掘する
2016年12月4日(大阪) 発達障がいにどう向き合うか
―特別な配慮を必要とする児童・生徒の現状と学校適応―
2015年12月5日(東京) 学力格差は超えられるか
―教育心理学からの挑戦―
2014年12月13日(東京) 青少年のスマートフォン&インターネット問題にいかに対処すべきか
―社会と教育心理学との協働に向けて―
2013年 9月28日(仙台) 被災した子どもの発達・教育をどう支援するか
-東日本大震災における心理的支援のこれからを考える-
2012年 8月26日(東京) 環境問題やリスクに対して主体的・クリティカルに向き合う市民の育成
2011年 8月27日(名古屋) 生活の中の「ジェンダー問題」とは何か?
―女性にも,男性にも,不都合なジェンダー問題を明らかにする―
2010年 8月 7日(横浜) 特別支援教育と教育心理学
―学校における心理教育的援助の実践―
2009年 8月 1日(福岡) 創立50周年記念シンポジウムⅡ
「伝えあう力」を育てる授業づくり
―新教育課程における学習活動の創造―
2008年 9月13日(京都) 創立50周年記念シンポジウム
言語力
―考える力を育むことばの教育―
2007年 8月 4日(東京) 21世紀型学力の育成を目指して
―学力低下論争を超えて―